スリングショットの点検とメンテナンスついて

スリングショットのチェックとメンテナンスなど

■スリングショットを安全に長く使用するために!

スリングショット フォールディングファルコン

1.使用前のチェック

スリングショット本体フレームの状態、ゴムの取り付け状態、アタッチメントのゴム止めのクリップの状態など、異常がないかチェックしましょう。

ゴムの劣化や亀裂及び変色などがないかチェックし、もし異常があれば新しいゴムに取り替えましょう。
劣化したゴムでのショットは大変危険です。ゴムが切れて思わぬケガをする場合があります。特に目のケガには十分注意して下さい。

2.使用中

ショットしているとき以外はなるべく直射日光を避けたり、高温になるところには置かないようにして下さい。

3.使用後

使用後は本体やゴムの汚れを柔らかい布などできれいに落として下さい。

スリングショット ダブルイーグルPro

汚れがひどいときは分解できるところは分解して歯ブラシや水拭きで汚れを落として下さい。
水拭きをした場合は後で乾燥させましょう。
但し加熱は厳禁です。
仕上げは本体の可動部分やフレー部分に潤滑剤やサビ止めなどを塗布しましょう。
速乾性のシリコンオイルなどが良いと思います。
アタッチメントの部分などゴムの取り付け部分には潤滑剤などが付かないようにご注意下さい。
ゴムの部分はゴム用の保護剤などを使用して下さい。ゴムを溶かす溶剤などが入ったものは使用厳禁です。

4.保管

乾燥した冷暗場所で保管して下さい。
ゴムを曲げたり、ゴムに圧力をかけた状態で保管しないで下さい。
予備のゴムも同様に保管して下さい。

5.こんなところもチェック

ゴムが極端に切れやすい場合はゴムの取り付け部分に鋭い突起やバリなどがないかチェックし、ある場合は
ヤスリやサンドペーパーなどで取り除いて下さい。
また、ショット時にゴムを斜めに引いたりせず真っすぐに引くようにして下さい。

予備の替えゴムの購入はよく売れているお店で購入するようにして下さい。
中には何年も在庫にしている場合もあるようですので...。

スリングショット用替えゴム

ご注文はこちら

スリングショットは鳥獣被害対策用としても使用されています。(鳥害・猿害・鹿害)  農林水産省鳥獣被害対策コーナ ー